育毛のための基礎知識

ヘアサイクルとは


髪の毛は、発毛した毛が成長し、やがて抜け落ち、そしてまた生えてくるといったサイクルを繰り返します。
これを髪の毛のライフサイクルといいます。

通説では、その髪の毛の寿命は約6年といわれています。
このサイクルを「ヘアサイクル」といいます。

ヘアサイクルは毛母細胞が活発でどんどん髪が伸びる「成長期」と毛母細胞の活動が低下してくる
「退行期」がまずあります。

その後に、完全に成長が止まり髪の毛が抜けてしまう「休止期」に分類されます。

薄毛・抜け毛・ハゲの大半は、このヘアサイクルが何らかの原因で短くなってしまい発生します。

成長期の最初の髪の毛はは柔らかい軟毛ですが、徐々に硬い毛に育っていきます。
しかし、異常がある場合には、この軟毛の段階で硬い毛に成長する前に抜け落ちてしまうのです。

育毛の仕組みとは


薄毛・抜け毛・ハゲが進行してきた場合には、頭皮に異常な状態になっています。

髪の毛自体に育つ細胞は「毛母細胞」です。
毛母細胞には寿命があり、そのためヘアサイクルがあります。

しかし、最近薄毛・抜け毛・ハゲの要因として「毛乳頭」が注目されてきています。
毛乳頭は毛母の先端部にあり、毛母細胞に増殖の命令を発する、いわゆる髪の毛の司令塔の役目をしています。

ヘアサイクルの休止期に入ると、毛乳頭は毛母細胞に発毛のサインを送り、毛髪は成長期に移行します。
しかし、何らかの原因で毛乳頭からの育毛のサインが送られなくなった場合に、薄毛・抜け毛・ハゲに
なることが判明してきました。

男性ホルモンとの関係


男性型脱毛症の原因としてよくいわれるのが、遺伝と男性ホルモンの影響ですね。

遺伝に関しては、親がハゲていなくても、隔世遺伝などで遺伝的な要素がかなり大きいです。

また、最大の敵ともいえる「男性ホルモン」ですが、こればかりは、遺伝的な問題であり、対策はありません。

男性ホルモンは男性の第2次性徴期が始まる思春期以降に、ひげや胸毛といった部分に対して多く発毛を促します。
しかし、髪の毛に関しては全く逆の効果になります。

頭部の毛乳頭にある男性ホルモン受容体は他の部位の毛乳頭と異なって、男性ホルモンの刺激に対して逆の「抜け毛」の
指令を送るのです。

ですから、ひげや胸毛の濃い方は男性ホルモンが旺盛であり、薄毛・抜け毛・ハゲになりやすいのは間違いない事実です。

その分、、薄毛・抜け毛・ハゲに対して注意・対策が必要になってきます。

でも何故男性のハゲが多いのでしょうか?
やはり日本人の生活がだんだん欧米化してきたことですね。きっと。。





 

サイトマップ

マープソニック・マープナチュレ無料増毛体験予約の口コミペニス増大サプリメントは効くのか・クチコミ包茎手術 愛知県名古屋市で薬剤師になんとなくパートにいく札幌市周辺で包茎手術を希望資格で心理カウンセラーなんて難しいの?アートネイチャーってお金がかかると思うけどアデランスってお金がかかると思うけど
FXの信頼性